社宅代行会社 LIXILリアルティの特徴【1】社宅業務のコスト削減

LIXILグループで培った、社宅業務で発生するコスト削減ノウハウ

 LIXILリアルティの社宅管理代行のアウトソーシングサービスは従来の代行会社のように不動産賃貸・仲介業から生まれたのでなく、企業のシェアードサービス会社が進化した社宅代行サービスです。

当社は社宅代行専門会社(総務部のアウトソーシング)であり、不動産の「物件」の貸主様が顧客にならないスキーム。その為、退去時の原状回復費用チェック、賃貸借契約書の精査を始めとした、管理会社・不動産会社・貸主との接点において借主(企業様)と全く同じ立場で立てる構図です。

メージして頂きたいのは「企業が仮に自社で社宅代行会社を設立したら・・・どんな会社にするか?」。企業(総務)にメリットのあるスキームを構築はずです。まさに鰍kIXILリアルティは「そんな」会社です。

企業のメリットとは何か?

常に「企業側の立場にたって」クライアント様のメリットを追求してきた当社は、社宅業務の各局面におけるコスト削減ノウハウを御提供しながらサービス提供をしていきます。



≪LIXILリアルティの社宅管理代行サービスとは?≫

LIXILグループで培った豊富な経験と実績で完成された優れた社宅代行

アウトソーシングノウハウで「企業に社宅業務コスト削減」で貢献致します。