社宅業務のコスト削減ノウハウ例【解約時→原状回復費用の適正化】

解約効果.jpgプロの原状回復費用負担割合交渉で敷金返還額の適正化を実現。

 社宅代行サービスの業務品質を端的に物語るデータの一つに「敷金返還率」があります。

LIXILリアルティは蓄積されたノウハウの下に、賃貸契約締結段階で賃貸契約書を丁寧に精査します。

解約精算時には経験豊富なプロスタッフによる原状回復費用見積りの審査を行ないます。

◆導入効果(解約)推移【3年企業様】

⇒自社管理時の敷金返還率は30%前後で推移していましたが、LIXILリアルティの社宅代行導入後は、約2倍近くの返還率となっています。(一部地域を除く。) 






◆導入効果(解約)推移【1年企業様】

⇒他の代行会社の委託時の返還率は約50%前後で推移していましたが、LIXILリアルティ社宅代行導入後には約1.4倍の返還率になっています。





 

*敷金返還率の御注意点*

・近年の新規賃貸契約の預入敷金額動向の変化(敷金無し物件・敷金預入額の低額物件の増加)により、一概に敷金返還率の数値が適正でない状況となっております。その為、現在、LIXILリアルティでは、解約精算時品質は「敷金返還率」の提示と他に、別の測定基準方法をも採用しております。(詳しくは御問合せ下さい。2017年4月12日)