社宅代行サービスの費用

LIXILリアルティの社宅代行サービス『Value One』の費用

 

アウトソーシングの費用

社宅代行サービス『ValueOne』の価格(委託管理料)は、社宅件数1件に発生する単価設定です。基本構成として『企業様で賃貸している借上社宅実件数×委託管理費用』がランニングコストとなります。

*費用は、企業様の要望するサービスのベーシックプランからの範囲の拡張性や業務フロー設定(カズタマイズ対応有無)等により変化します。


ベーシックプランの基本内容はコチラ→__sozai__/0010708.png

 

費用のコストUPだけ?

社宅代行サービスのご採用は、果たしてコストアップだけでしょうか?LIXILリアルティは、社宅代行アウトソーシング導入によって企業様にもたらすメリット(コスト削減)を問います。

社宅代行のメリット(コスト削減)とは?

いかにコストメリットを算出するか?最もわかりやすい例で言えば

 【委託管理料には「振込手数料」が振り込まれている】

社宅代行サービス『ValueOne』の管理委託料(社宅1件あたり)には、企業様で物件の貸主様に支払っている毎月の家賃の振込手数料が含まれています。 これは、現状でも発生している費用でありますから純粋に、アウトソーシングをしてもコストとしては相殺されています。

例)現在100件の家主様へ月額賃料を振り込んでいる→社宅代行サービス『ValueOne』によるアウトソーシング導入で、当社が家主様へ分散送金する事になり、100件分の振込手数料が1件となる。

その他の社宅代行導入メリットとしまして、

『原状回復費用の適正化』

更新時の家賃適正化交渉』

『社宅業務時間低減』

『社宅付随業務の効率化』

など社宅代行サービス『Value one』の総体的なメリットを享受することで対費用効果の向上を図ります。


貴社の社宅代行の対費用効果を調べてみませんか?

当社は『社宅代行サービス導入効果試算表』なるツールがあります。

 

LIXILリアルティ社宅代行導入効果試算表グラフィック.jpgランニングコストは?

削減できる経費類は?

享受できるメリットは?






LIXILリアルティ社宅代行コスト試算表円グラフ.jpgLIXILリアルティ社宅代行棒グラフ横長.jpgLIXILリアルティ社宅代行試算表グラフ円と棒.jpg

などを多角的な角度から対費用効果を予測試算し、企業様が社宅代行を導入した時のコストと効果予測を試算する為のツール。社宅代行を検討をお考えの企業様の参考になるツールです。LIXILリアルティは、複数の視点から企業様が社宅代行サービス『ValueOne』でのコストメリットを算出して「社宅代行サービス導入効果試算表」でご提示できます。


社宅代行導入効果試算表の詳しくは__sozai__/0011302.png