社宅代行会社 LIXILリアルティの特徴【1】社宅業務のコスト削減

LIXILグループで培った、社宅業務で発生するコスト削減ノウハウ

 LIXILリアルティの社宅管理代行のアウトソーシングサービスは従来の代行会社のように不動産賃貸・仲介業から生まれたのでなく、企業のシェアードサービス会社が進化した社宅代行サービスです。

当社は社宅代行専門会社(総務部のアウトソーシング)であり、不動産の「物件」の貸主様が顧客にならないスキーム。その為、退去時の原状回復費用交渉、賃貸借契約書の精査交渉を始めとした、管理会社・不動産会社・貸主との折衝業務において借主(企業様)と全く同じ立場での折衝する構図です。

メージして頂きたいのは「企業が仮に自社で社宅代行会社を設立したら・・・どんな会社にするか?」。企業(総務)にメリットのあるスキームを構築はずです。まさに鰍kIXILリアルティは「そんな」会社です。

企業のメリットとは何か?それは社宅業務で発生する「コスト」を低減する事と、当社は考えます。

常に「企業側の立場にたって」クライアント様のメリットを追求してきた当社は、社宅業務の各局面におけるコスト削減ノウハウを御提供しながらサービス提供をしていきます。



≪LIXILリアルティの社宅管理代行サービスとは?≫

LIXILグループで培った豊富な経験と実績で完成された優れた社宅代行

アウトソーシングノウハウで「企業に社宅業務コスト削減」で貢献致します。

社宅業務のコスト削減ノウハウ@【解約時→原状回復費用の適正化】

解約効果.jpgプロの原状回復費用負担割合交渉で敷金返還額の適正化を実現。

 社宅代行サービスの業務品質を端的に物語るデータの一つに「敷金返還率」があります。

LIXILリアルティは蓄積されたノウハウの下に、賃貸契約締結段階で賃貸契約書を丁寧に精査し、著しく不利な条項変更交渉などを行ないます。

解約精算時には経験豊富なプロスタッフによる原状回復費用見積りの審査、そして何より『企業側に立った』粘り強い交渉を行ないます。

◆導入効果(解約)推移【3年企業様】

⇒自社管理時の敷金返還率は30%前後で推移していましたが、LIXILリアルティの社宅代行導入後は、約2倍近くの返還率となっています。(一部地域を除く。) 






◆導入効果(解約)推移【1年企業様】

⇒他の代行会社の委託時の返還率は約50%前後で推移していましたが、LIXILリアルティ社宅代行導入後には約1.4倍の返還率になっています。





 

*敷金返還率の御注意点*

・近年の新規賃貸契約の預入敷金額動向の変化(敷金無し物件・敷金預入額の低額物件の増加)により、一概に敷金返還率の数値が適正でない状況となっております。その為、現在、LIXILリアルティでは、解約精算時品質は「敷金返還率」の提示と他に、別の測定基準方法をも採用しております。(詳しくは御問合せ下さい。2017年4月12日)

社宅業務のコスト削減ノウハウA【更新時→家賃減額交渉】

更新契約時には不動産業務に精通したスタッフが契約内容をチェック。

家賃相場、賃借年数、経済状況等を踏まえて交渉する家賃減額交渉を行ないます。

社宅業務のコスト削減ノウハウB【削減効果と社宅代行の対費用効果検証→コスト貢献報告書】

 

LIXIL社宅代行コスト貢献業務報告書の提供.jpg社宅代行のコスト貢献をアピールするLIXILリアルティは、当社の社宅代行業務効果によるコスト貢献度を示す業務報告書を提出致します。 当社の「社宅業務のコスト削減ノウハウ」が委託企業様へどのようにできたか?の対費用効果が明確となります。

 

社宅業務のコスト削減ノウハウC【その他 社宅付随業務でのコスト貢献】

__sozai__/0003529.jpgLIXILリアルティの社宅代行サービスは、社宅管理代行のみならず、駐車場管理・マンスリー手配・持家管理・引越手配業務・家具、家電付き物件手配・家具、家電のレンタル・損害保険(火災保険)取扱い・・・など、その他社宅に関わる付随業務を提供する事が可能。

このような社宅周辺業務を一元化・平行化する事で社宅業務の効率化に貢献が可能です。

LIXILリアルティには社宅代行業務と各種サービス業務の複合化のノウハウ及び複合サービスメニューなどがご提供可能です。

過去の豊富な事例ノウハウから貴社最適フローを御提案致します。

★社宅代行に関わる主なサービスメニューはコチラ→__sozai__/0011302.png

LIXILリアルティの社宅代行サービスは「任せるほどに価値がある!」

導入効果.jpg LIXILリアルティの社宅代行スタッフは社宅業務のプロ集団です。

社宅業務種別の代行ノウハウのアウトソーシングで、多くの「社宅業務のコスト削減効果」を享受することが可能となります。

・更新時の家賃減額交渉

・解約清算時の適正な原状回復費用の精査

・事務経費の低減   etc

『任せるほどに価値がある』導入効果は社宅管理件数が多い企業・法人様ほど、その高い効果が実感できます。