LIXILリアルティの社宅代行は他社と何が違うの?

従来の不動産賃貸・仲介系の社宅代行会社と何が違うのでしょうか?

LIXILリアルティの社宅代行サービスは『企業側の立場にたった社宅代行』をキャッチフレーズとしています。

それは企業のニーズから生まれ』『企業が作った』『企業の視点から見た社宅代行サービスです。

≪LIXILリアルティは企業の社宅業務から生まれた社宅代行会社≫

LIXILリアルティは『(株)LIXILグループ』の社宅管理業務のシェアードサービス会社として2003年に設立され、社宅代行アウトソーサーとして業務を開始しました。

*シェアードサービスとは「企業価値を高める為、グループや組織内の共通業務を集中化して、業務の効率化・専門家を図ることで、低価格で高品質なサービスへ高める」ことを言います。これを提供する部門が『シェアードサービス会社』です。

◆LIXILリアルティの源は、LIXILグループの社宅業務のシェアードサービスセンターです。高品質なサービスを『企業側の立場にたって』提供するというコンセプトで業務ノウハウを作り上げてきました。

企業から生まれた』という意味はここにあって、社宅業務の『企業ニーズ満足度』を高めることに常に集中してきました。たくさんの社宅業務ノウハウは、LIXILグループと委託契約法人・企業様の総務課、社宅担当者様等のニーズが原点となっており、すなわちサービス視点が(不動産賃貸・仲介会社視点でなく)企業側視点であることが『企業側にたった社宅代行』の意味となります。

当社はLIXILグループだけの社宅代行会社ではありません、LIXILグループ企業外の委託契約企業様も多く、それは顧客(企業側)重視のサービス提供が支持されている証拠です。

◆企業様のニーズ(要求)の実現・改善が最終的に顧客満足と同時に先鋭化された専門性が新たな企業様との出会いとなっております。

『企業側にたった社宅代行会社』

企業側へ重視の姿勢

⇒企業側の立場に立てる社宅代行会社

⇒企業側の視点で考える社宅代行会社

◆「企業側の立場に立つ」イコール=「顧客の立場にたつ」とは、至極、当たり前のキャッチフレーズですが・・・「社宅代行の性質」としては一般的に別の意味となります。

社宅代行会社のサービスがこの姿勢で全うできるか?はその会社のサービス意識の源によると考えます。

シェアードサービスから誕生したLIXILリアルティのサービスの原点は、業務集約で実現したノウハウ提供による付加価値UP。付加価値とは、企業様への「コスト削減貢献」と考えます。

当社のサービスを提供する事で、企業様へ『社宅業務で発生するコスト削減貢献』をお届けする。これを、従来の社宅代行会社との差別化と考えています。

≪企業シェアードサービスとして誕生した当社と他社不動産賃貸系代行会社の主な相違点≫


企業様へのサービス品質がコストに見合う対費用効果があったかどうか・・・LIXILリアルティから提供される資料で、企業様が検証できるシステムがあります。

 ⇒年間の敷金返還率データ、更新時の家賃減額データを提供します。

企業自体がシェアードサービスセンターを設立した場合、必ず効果検証は必須です。

当社は設立時から、そのような対費用効果を検証できるシステムが存在。それは企業様への私たちの通信簿となります。当社の品質は、企業様からガラス張り状態となっています。

物件情報は、多くの不動産会社から構成されるネットワークから提供される情報より選択できる。

当社は賃貸仲介会社ではありません。

従って、他不動産会社と賃貸・仲介業務分野に競合関係がありません。

その為、LIXILリアルティの物件提供ネットワークは、大手不動産会社や地域有力不動産会社で構成される業界の垣根を越えたマルチブランドネットワークです。⇒アウトソーサーたる弊社からの情報提供物件に関しては、当方の思惑は一切無く。企業様側で自由に選択できます。 不動産賃貸管理系社宅代行会社でありがちな「自社管理物件を優先」という図式はありません。

企業様と同じ立ち位置で業務折衝できる。

弊社は完全なアウトソーサーという立場で、物件のオーナー・貸主様が顧客とならないシステムです。

よって各種折衝業務においては『企業と同じ立場=借り手』の図式になり、企業側と同じ立場にたって交渉できます。

★具体的な特徴はコチラ→ 

社宅代行会社の選び方のポイント

LIXILリアルティの主張.jpg


◆社宅代行会社の選び方

社宅代行会社の品質とは、1件辺りの委託料のみならず、

肝心なのは『委託後の業務品質力』と当社はアピールします。

委託後の社宅代行会社の業務品質は、検討対象として必須と考えます。


◆委託後の業務品質とは?

「原状回復費用の交渉実績額 

更新時の家賃減額交渉実績 

がどれだけ出来ているか?が大切と考えます 。


社宅代行を今後にご検討中の企業様のみならず特に 既に他社で代行中の企業様は、委託後の業務品質の数値把握は必須と考えてます。 それらを実証・考察して、初めて真の社宅代行の対費用効果が明確になると当社は主張します。


当社の対応

委託後に「社宅代行コスト貢献報告書」を提供して業務品質力を明確化します。

これにより企業様が真の対費用効果測定を標準化しております。


比較だけでもしてみませんか?

貴社の『他社代行会社の委託後の業務品質』と当社品質と比較してみませんか?