LIXILリアルティの社宅代行サービス導入事例(お客様の声)

LIXILリアルティの社宅代行アウトソーシングサービスを導入実例を並べてみました。 社宅代行のよくある採用決断の「きっかけ」事例です。  


 

【社宅代行導入事例@】 

法人様の社宅業務の問題点

他社の社宅代行会社にアウトソーシングを委託していたが・・・2つの不満点があった。

1) 転勤社員様の不満として「部屋が見つからない」との声。

2)総務課様の不満として「退去時の原状回復費用」に不信感 ・・・(原状回復費用の返還金額が少ない、適正な交渉に沿っているのか?) との声。

LIXILリアルティの社宅代行サービス『ValueOne』導入後の解決

@全国に展開するLIXILリアルティの提携業者ネットワークの部屋探しシステムで社員様のクレーム電話が激減。

Point!業界の垣根を越えたネットワーク編成。

A原状回復費用の見積り明細書(原紙)が送付され、交渉過程と値引効果が明確にわかり、不信感が消えた。

Point!原状回復費用の見積書(原紙)により交渉過程が明確、明瞭。

≪解決のポイント≫

Point@LIXILリアルティの提携不動産業者ネットワークは全国に700社3000店舗(2011年4月現在)を配しております。 そして不動産会社も業界の垣根を越えてのネットワークです。 従いまして各都市には複数の提携不動産会社が存在します。転勤社員様は複数の不動産会社が紹介する多くの賃貸物件の選択肢より選択可能。「転勤繁忙期」に「短期間」で「多く」の物件を集める事が可能な三拍子。 

ALIXILリアルティの解約時の負担割合折衝結果報告は、わかりやすい独自書式による明細表に、管理会社や貸主から提出される原状回復見積り書の原紙を添付。したがって負担割合の交渉過程や値引効果が明瞭にわかります。  

 

【社宅代行の導入事例A】

 

法人様社宅業務の問題点

よくある総務課様の声「春の新入社員と秋の定期異動業務の為に本来の仕事ができません!」

LIXILリアルティの社宅代行サービス『ValueOne』導入後の解決

@社宅代行の導入で人員の平準化と直接費用のコストダウンに成功。

A社宅規定の遵守、社員様への公平感・均質感が実現

B原状回復費用の効果把握が明確で導入対費用効果が見えた。

 ≪解決のポイント≫

@旧来からの実施していた業務フローや帳票をできるだけ遵守しカスタマイズフローを構築 。従来の仕事の流れからスムーズに業務変換ができます。

ALIXILリアルティは解約精算業務時の負担割合折衝結果報告に基ずく「敷金返還率データ」などを提供、社宅代行導入に対する対投資効果が明確になります。  

 

 

 

 

【社宅代行の導入事例B】

法人様社宅業務の問題点

『各地の拠点の総務課で社宅管理を実施。

会社の店舗拡大展開で社宅業務が限界に・・・

社宅管理代行サービスのアウトソーシング導入による本社での一元管理を決意。』

  LIXILリアルティの社宅代行サービス『ValueOne』導入後の解決

@社宅代行導入準備段階で全借上社宅状況が把握。無駄な空室を発見する事ができた。

空室社宅を解約し、数百万円/月の家賃を節約。

A各地総務管理のコスト(社宅業務)を本社で一元管理に成功。

各地域の総務担当者の「手間」を省く事ができた。

B店舗拡大戦略に伴う転勤業務倍増も総務部の人員増加無しで、計画通りの進行に成功 。