マイナンバー代行のメリット

 @マイナンバー対応で発生する総務業務を削減できます。

社宅賃貸借契約を結んでいる個人家主への賃料の支払いが年間15万円を超える場合は、その支払い先個人家主様のマイナンバーを収集する必要があります。

マイナンバーの収集は本人確認と番号確認が義務付けられています。

同様に、家主が法人の場合も支払い調書に法人番号の記載が必要となります。

Aマイナンバーを目にする機会を減らしリスクを削減できます。

マイナンバーを収集、保管する必要がなく、社内に常時マイナンバーがない状態となるため、マイナンバーに関するリスクを削減することができます。

Bマイナンバー対応の範囲・期間を縮小できます。

収集方法や管理方法、実際の通知や登録作業など、残された期間でマイナンバーに関する多くの検討が必要となります。委託によりルールや実施内容が明確となり、検討範囲の縮小や対応期間の短縮を図ることができます。

 

個人家主からマイナンバーを収集して来年1月に提出する支払い調書に記載しなければいけない、

それは分かってはいるけどマイナンバーの取扱いは大変だし・・・

ついでに社宅代行を導入してマイナンバー収集もやってもらうか。

とのお声が非常に多くなっており、多くのお問合せを頂いております。

煩雑なマイナンバーの取り扱いは是非LIXILリアルティにお任せ下さい!

 

お気軽にご連絡ください
カタログ、資料、サービス内容の御問合せはLIXILリアルティValueOneロゴ2014.jpg

03-5652-1951
 貝IXILリアルティ 社宅事業部

マイナンバーのメリットA

◇個人家主のマイナンバー収集・管理の煩雑な作業を代行

◇代行して収集したマイナンバーデータは安全に保管し、支払い調書提出時にデータを提出致しま

◇不要になったマイナンバーを適切に廃棄します

 

 

お気軽にご連絡ください
カタログ、資料、サービス内容の御問合せはLIXILリアルティValueOneロゴ2014.jpg
03-5652-1951
 貝IXILリアルティ 社宅事業部